隣の見守り隊

幼少期の頃から野球を続けている。

続けていると、試合をやる限りはどうしても勝ちたくなる。

最近は歳を感じているが、勝負に負けるのはどうしても嫌なものだ。

だから、未だに土砂降りか大雪が降らない限りは、

家の前でバット振りとシャドーピッチングを続けている。

すると、毎日ではないが結構な確率で、隣の小学1年生の女の子が

カーテンの隙間から、ニコニコしながら見てくれている。

やはり誰かに見られていると思うと、いつもより長めのトレーニングをすることとなる。

こうして、いつも彼女から元気をもらっている。

(おすぎとピーコ)

14

この記事が気に入ったら「いいね」ボタンを押してください!