平成30年10月1日より標準熱量変更のお知らせ

2018.09.20

カテゴリ:重要なお知らせ

日頃より八戸ガスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊社は平成30年10月1日を実施日として、供給する都市ガス1㎥あたりの標準熱量を現行の46MJ(メガジュ-ル)から45MJ(メガジュ-ル)へ変更させていただくことになりました。これは、都市ガスの主な原料である液化天然ガス(LNG)の大半が海外からの輸入に依存しており、その輸入情勢へ対応するものです。全国的にも都市ガスの標準熱量は45MJになりつつあります。

都市ガスの種類は現行と同じ「 13A 」のまま変更ございませんので、ご使用中のガス器具は今までどおり安全にご使用いただけます。なお、変更内容にご承諾いただける場合は、特段のお手続きは必要ございません。

今後とも、業務全般の効率化を図ると共に都市ガスの安定供給、安心・安全を確保する維持管理等
お客さまサービス向上に努めてまいりますので、引き続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

<実施に伴う切替え措置>
ガス小売供給約款及び各選択約款は実施日で改定とし、10月検針分につきましては、9月30日以前から継続してご契約いただいているお客さまは、変更後の約款に基づき料金を算定いたします。

ガス小売供給約款のお客さま <都市ガス 13A 供給地区>

ご家庭用を中心に多くのお客さまにご利用いただいているガス小売供給契約料金につきまして、以下のとおりとなります。

<参考> 現行料金:46MJ と 新料金:45MJ(10月1日から適用)比較  *税込み表示*

■モデル世帯(1ケ月の平均ご使用量=16㎥)では、新料金が -78円(税込み) となります。

変更後の約款は、本社窓口に記載しておりますのでご覧ください。

 

家庭用選択約款のお客さま <都市ガス 13A供給地区>

【各種空調契約のお客さま】
➢[PDF]料金表 都市ガス13A 供給地区 をご覧ください。

 

原料費調整制度における基準平均原料価格等

標準熱量変更に伴い、原料費調整制度における基準平均原料価格等の見直しをいたします。
●基準平均原料価格 56,410円/t

<貿易統計値に基づく平成30年5月から7月までの平均原料価格>
●原料価格変動による換算係数 0.0813円/㎥

基準平均原料価格に対して、平均原料価格が100円/t変動する毎に基準単位料金を1㎥あたり、0.0813円(税抜き)調整いたします。

原料価格変動額算定  56,410円/t-56,410円/t=00,000円/t
単位料金調整額算定  00,000円÷100円×0.0813円= 0.00円
10月の単位料金調整額  0.00円

 

[原料費調整制度]
都市ガスの原料価格を、毎月ガス 料金に反映させる制度です。なお、原料費調整制度により調整した調整単位料金は、「ガスご使用量等のお知らせ」を通じてお知らせしております。

ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ先 (受付時間 9:00から17:00)
八 戸 ガ ス 株 式 会 社  管理グル-プ
電話 0178-43-3165(代表)

PDFはこちらから



この記事と同じカテゴリの最新記事






一覧へ戻る